利用金額が少額であれば、収入のない専業主婦でもカードローンの利用が可能です。

カードローンは専業主婦でも利用可能

利用契約時における審査もスピーディー、限度額の範囲内でいつでも借入金を引き出すことができる

カードローンはその手軽さが人気を呼んでいる使途自由の金融商品です。一度利用契約を結ぶと、その限度額の範囲内であればいつでもATMやCDから借入金を引き出すことができるため、給料日前にお財布がちょっとピンチな時などには非常に助かります。

また、最初の利用契約時における審査も非常にスピーディーで、申し込んだその日のうちに審査結果が通知されるというケースも少なくありません。そのため、冠婚葬祭や病気などで急にまとまったお金が必要な場合などでもあわてることなく資金を調達することができます。

利用条件は、日本国内に在住する返済能力がある20歳以上の人で、勤務先や勤務形態等については特に制限がない

さらに、カードローンは利用できる人の範囲が広いことも特徴の1つとなっています。個々の利用条件は取扱会社ごとに異なりますが、基本的には日本国内に在住する20歳以上の人であれば誰でも利用可能です。もちろん返済能力があることが条件となるため継続的な収入を有することが前提となりますが、勤務先や勤務形態等については特に制限がありません。したがって正社員に限らずパートやアルバイト、派遣社員などの場合でも月々の収入がある程度安定していれば借入れができます。さらに、一定の範囲内であれば無収入者でも利用可能なケースがあります。

貸金業系のカードローン取扱会社は、一定の収入がないと利用することができない

カードローンの取扱会社には消費者金融会社や信販会社などの貸金業系と、都市銀行や地方銀行などの銀行系の2種類があるのですが、このうち貸金業系については一定の収入がないと利用することができません。これは貸金業者は利用者の年収等の3分の1を超える貸出を行ってはならないという、国の定めたルールがあるためです。このルールにしたがえば、収入がまったくない人の場合は当然借入れもできません。

銀行系は、専業主婦も利用希望額が比較的少額であれば、他の人と同様に利用することが可能

しかし銀行系についてはこのルールが適用されないため、無収入者でも利用申込ができるようになっています。ただ、これはあくまでも原則論であり、実際の条件においては無収入の人を利用可能者の範囲に含めていないところもあります。 しかし、たとえば大手スーパーマーケットや通販サイトなどの小売業者が経営母体となっているネット銀行のように、逆に専業主婦の利用を歓迎しているところもあります。

もちろん給与所得者等と無収入者とでは返済能力に違いがあるため、まったく同一の利用条件というわけにはいきません。利用限度額は通常の場合よりも低めに設定されているのが一般的ですし、専業主婦が利用する時は配偶者の収入に条件がつくこともあります。 しかし利用希望額が比較的少額であれば、他の人と同様に利用することが可能です。

最新記事