体験談での評価を見てカードローンの利用を決めました

キャッシングは利用限度額の全額を一括で借り入れすること

カード

私はお金に困っていた時、キャッシングではなくカードローンの申し込みを選択しました。なぜなら性格上、利用限度額の全額を一括で借り入れすることに抵抗があったからです。キャッシングの場合は、まさにそのような借り入れとなります。たとえば利用限度額が50万円だとしたら、50万円を一度に貸し付けしてもらえるのです。
大金が一度に手に入るのは嬉しいのですが、私の場合、つい全額を使ってしまいそうで心配でした。また、借り入れする金額が大きい分、返済金額も大きくなるので、それに対する不安もありました。

カードローンは利用限度額の中で必要な金額のみを借り入れでき、返済金額が大きくなりすぎることもない

ところがカードローンの場合は、利用限度額がたとえ50万円でも、50万円分の現金が一度に手に入るわけではありません。必要になった時に、必要な金額のみを借り入れできるというサービスだからです。そのため50万円が必要になった時には50万円を借り入れできますが、10万円が必要という時には10万円、5万円が必要という時には5万円といった具合で、適切な金額を選ぶことができるのです。
つまり必要最低限の借り入れとなるので、無駄遣いをする心配も、返済金額が大きくなりすぎることも、防がれるわけです。
しかも、一度借り入れをした後も、まだ利用限度額に達していなければ、残りを追加で借り入れすることが可能です。50万円の利用限度額のうち10万円を借り入れしたとすると、後日改めて残りの40万円を借り入れできるのです。もちろんそれも、必要に応じて小分けにすることができます。たとえば、1万円ずつ毎日借り入れするといった具合です。

返済すればその分借り入れできる金額に余裕ができ、半永久的に借り入れを続けることができる

さらに、返済すればその分、借り入れできる金額に余裕ができます。50万円のうち10万円を借り入れして、5万円を返済した場合には、借り入れができる金額は45万円となるわけです。そのため返済を続ける限り、借り入れも半永久的に続けることができると言えます。
実際に、利用している人の体験談をインターネットで見てみると、その多くがこれらの点を評価しているものでした。困った時に使いたい分だけを借り入れできたり、リボルビング払いにより、毎月新たに借り入れができるようになるといったことを、褒め称えている体験談が多いのです。

そういった評価を見た上で、私は利用申し込みをすることに決めたのです。いわゆる借金ですから、慎重に計画的にお金を使う必要があります。カードローンなら、それが可能だと思ったのです。
そして現在私は、その通りに利用することができています。無駄遣いせず、必要最低限の借り入れをし、無理のない返済をしているのです。