カードローンの借り入れがあるとクレジットカードの審査に不利なのでしょうか

同じ金額でも、低額を多くの会社から借り入れするより、一社で大きい金額を借り入れする方が信用が高い

カードローンを利用してお金を借りていると、クレジットカードの審査に不利になることがあるのでしょうか。これはその時々の状況によります。
たとえば、借りている件数があまりにも多いとか、返済が遅れがちという場合は、審査に影響が出ることもあります。なぜ件数が多いと影響が出やすくなるのでしょうか。それは、信用に響くからです。
たとえば同じ100万円を借りている場合でも、1社から100万円借りているのと、5社から20万円ずつ借りている場合では、前者の方がはるかに信用が高いです。意外に思われるかもしれませんが、借り入れ額が大きければ大きいほど、そして、きちんと返済できているほど、その人の信用は高くなります。逆に低額を多くの会社から借り入れている場合は、1社から高額のお金を借りることができないとみなされて信用は落ちます。

3回続けて延滞した場合は信用情報にブラックが登録される

また返済についてですが、期日までにきちんと返済しないと信用は下がります。特に、3回続けて延滞した場合は信用情報にブラックが登録されるため、審査に落ちてしまうこともありますので気を付けましょう。
自分の収入にふさわしい額のお金を借りて、期日までにきちんと返済するというのが、実は一番信用されるのです。もちろんこれはクレジットカードも同じことで、一般のカードであっても、きちんと使ってきちんと返済していれば、数年でゴールドカードを持てるようになることもあります。これも、その人が信用できるとみなされるからです。

カードも借金も全く使用履歴がないと、債務整理などでローンを組めない時期があったと考えられてしまう

それではカードも借金も、全く使用履歴がない場合はどうなるのでしょうか。実はこのような場合は、信用度はあまり高くありません。なぜかというと、債務整理などでローンを組めない時期があったと考えられるためで、仮にローンを組まない主義ですべて現金決済している人でも、そのようにみなされてしまいます。このようなケースをホワイトといいます。ホワイトでクレジットカードを作りたい、あるいはカードローンを申し込みたいというような場合は、まず携帯の分割払いやショッピングローンなどで実績を作り、それから申し込むのがお勧めです。

一度にあまり多くの会社に申し込むと、返済能力に疑問符がつく

それからカードローンを申し込む時には、一度に2社かせめて3社までにしておきましょう。なぜかといいますと、一度にあまり多くの会社に申し込むと、返済能力に疑問符がつくため、すべて審査に落ちてしまう確率が高くなるからです。これを申し込みブラックといいます。ですからまず一度申し込み、その結果が出てから別の会社に申し込むのがお勧めです。
申し込みブラックになった時は、まず半年待ち、前の情報が消えたころにまた申し込むようにするといいでしょう。